東海道新幹線、肉声の英語放送に踏み切ったワケ
案内細かに、外国人の利便性向上

2019/7/23 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「We are stopping at Nagoya station」――。JR東海が東海道新幹線の車内で肉声の英語アナウンスを始めてから、半年が過ぎた。日本の大動脈と言われる東海道新幹線は外国人客も多く利用する「日本の顔」だ。自動音声ではなく、あえて肉声の英語に踏み切った理由とは何か。

東海道新幹線では2018年12月、それまでの自動音声から、車掌の肉声による到着駅と出口方向の英語アナウンスに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]