/

ファーウェイ、チェコで個人データ収集 仏通信

仏AFP通信などは22日、中国通信大手の華為技術(ファーウェイ)の関連会社がチェコで顧客や取引先の個人データを収集していたと報じた。チェコの公共ラジオ局に対し、匿名を条件に同社の元マネジャーが証言した。

ファーウェイをめぐり個人データ収集や国家安全保障に関わる疑惑が生じている=ロイター

元マネジャーによると、入手した個人データは商業データとは別のコンピューターシステムに入力するよう本社から要求されていた。システムは中国からアクセス可能で、中国のファーウェイ本社が管理していたとも語った。個人情報には子どもの数や趣味、財政状況なども含まれていた。

米紙は北朝鮮で同社が無線通信網の構築を支援していたと報じており、相次いで個人情報の入手や国家安全保障上の疑惑への関与が発覚している。

ファーウェイは23日、報道に対し「チェコでは顧客情報を現地の法律に従い扱っている」と主張した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン