トランプ氏、イランの米スパイ逮捕「全くのウソ」

イラン緊迫
2019/7/23 1:05
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領は22日、米中央情報局(CIA)のスパイとして機密情報を集めていた疑いでイラン当局が17人のイラン人を逮捕したとの報道について「全く真実ではない。完全な偽ニュースだ」とツイッターで否定した。米メディアによると、イラン側は容疑者が軍事や核開発などの分野で情報収集をしていたと説明しているという。

米政権はスパイ逮捕の報道を否定(写真は首都テヘラン、ロイター)

トランプ氏はこの報道を「完全に失敗し、何をしていいのか分からないイランの政権によるウソとプロパガンダだ」と指摘。米国の制裁によって「イラン経済は死に体になっており、ますます悪化する。彼らは窮地に陥っている」とした。

ポンペオ米国務長官も22日のFOXニュースのインタビューで「イランの政権は長らくウソをついてきたことをわかってほしい。彼らの主張は話半分に聞いている」と述べた。

報道によると、イラン当局は容疑者を2019年3月までの1年間で検挙したとし、容疑者の一部は死刑判決を受けたという。当局側は「(CIAの)スパイ網の壊滅に成功した」としているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]