2019年8月20日(火)

その他スポーツ

大本、攻めて5位 「前半通用した」 世界水泳

2019/7/22 23:42
保存
共有
印刷
その他

【光州(韓国)=堀部遥】水泳の世界選手権第11日は22日、韓国・光州で行われ、競泳の女子200メートル個人メドレー決勝で大本里佳(イトマンSS)が2分9秒32で5位となった。前回銀メダルの大橋悠依(イトマン東進)は失格。カティンカ・ホッスー(ハンガリー)が4連覇を果たした。男子100メートル平泳ぎ決勝の小関也朱篤(ミキハウス)は58秒93で前回大会に続き4位。世界記録保持者のアダム・ピーティ(英国)が3連覇した。

女子200メートル個人メドレーで5位となった大本(22日、光州)=山本博文撮影

女子200メートル個人メドレーで5位となった大本(22日、光州)=山本博文撮影

メダルにはわずかに届かなかったが、爪痕は残した。「体が勝手に動いた」と大本は強みを生かして序盤から積極的に飛ばし、100メートルまでレースの先導役に。終盤はばてて次々と差されたものの、「前半は通用した。ある程度戦えた」。世界デビュー戦を上々で終え、表情は晴れ晴れだ。

強豪と競り合うスピードを支えたのは力強いストローク。ただ、数年前までは懸垂や腕立て伏せが全くできず、パワーとは無縁の選手だった。当時は「メニューの意味も分からず、やらされるがままに練習していた」と大本。2014年に一度は代表入りを果たすも、その後は国際舞台から遠のき、目標の東京五輪出場は絵空事にも思えた。

「伸びしろいっぱいにも捉えられるが、僕からすれば手遅れにも見えた」。16年春から指導にあたる堀之内徹コーチは当時の印象を振り返る。コーチ就任後、あえて着手したのは基本的な練習メニューやウエートトレーニング。「2年はベストは出ないよ」とさとし、地道なフォーム改善や筋力アップを続けてきた。

師の言葉通り約3年の雌伏の時を経て、今季は能力が大きく開花。大会ごとに自己ベストを更新し、快進撃を続ける。

「自己ベストを出せば確実にメダルが取れた」と大本は悔やむ。だが、力をためつつ勝負どころの終盤で爆発できるホッスーら実力者とは、戦い方にまだ差がある。「決勝でタイムを上げるのは難しい。それができた選手が表彰台に乗れると分かった」。来夏の本番へ、手合わせとしては十分なレースだったに違いない。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

その他スポーツ 一覧

NBAプレーヤーの八村(左)と渡辺雄。2人に帰化選手のファジーカスを加えたチームは代表史上最強と呼び声が高い=共同


 バスケットボール男子のワールドカップ(W杯)が31日、中国で開幕する。13年ぶり出場の日本の中心となるのは、米プロNBAウィザーズの八村、帰化選手のファジーカス(川崎)、昨季グリズリーズからNBAデ …続き (11:30)

女子200メートル背泳ぎ決勝 2分10秒96で優勝し、100メートルとの2冠を果たした武南・酒井夏海(19日、熊本市総合屋内プール)=共同

 全国高校総合体育大会(インターハイ)第23日は19日、熊本市総合屋内プールなどで行われ、競泳女子200メートル背泳ぎは2016年リオデジャネイロ五輪代表の酒井夏海(埼玉・武南)が2分10秒96で制し …続き (0:11)

IOCは選手の暑さ対策で「暑熱順化」「身体冷却」「水分補給」を呼び掛ける(ビーチバレー東京五輪テスト大会の日本ペア)=共同

 【ジュネーブ=共同】2020年東京五輪で懸念される暑さ対策で、国際オリンピック委員会(IOC)が選手の不安を取り除く予防策を紹介している。このほど公表された手引書のタイトルは「BEAT The HE …続き (19日 21:35)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。