首相「韓国は約束順守を」 元徴用工訴訟で譲らず

2019/7/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

安倍晋三首相は22日の記者会見で、元徴用工訴訟で悪化する日韓関係について「最大の問題は国家間の約束を守るのかどうかということだ。信頼の問題だ」と述べた。韓国が日韓請求権協定に違反しているとの認識を示し「まず約束を守ってもらいたい」と強調した。

日本政府は元徴用工訴訟で日本企業に賠償を命じた韓国最高裁の判決について、請求権問題の完全で最終的な解決をうたった1965年の日韓請求権協定に反しているとの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]