/

テンセントとポケモン、ゲームソフトを共同開発

「ニンテンドースイッチ」用か

【広州=川上尚志】中国ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)は22日、任天堂が出資するゲーム企画会社、ポケモン(東京・港)とゲームソフトを共同で開発すると発表した。テンセントは任天堂の主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」を中国市場で販売する計画で、ソフトはスイッチ向けとなる可能性がある。政府の規制強化で中国でのゲーム事業が伸び悩むなか、任天堂グループと連携を深める。

テンセント傘下で、中国で大ヒットしたスマートフォン向けゲーム「王者栄耀」などを企画したTiMiスタジオグループが、ポケモンと共同開発する。ゲームソフトの内容や発売時期など詳細は明らかにしていない。

テンセントと任天堂は4月、中国市場でのゲーム事業で協業すると発表し、共同でスイッチを販売する計画を明らかにしている。発売時期は未定。一方、ポケモンは2月、人気ゲーム「ポケットモンスター」シリーズの新作ソフトをスイッチ向けに2019年冬に発売すると発表済み。共同開発するソフトは今後、中国で発売するスイッチ向けポケモンシリーズの新作となる可能性がある。

テンセントは中国のゲーム最大手で、スマホやパソコン向けゲームに強みを持つが、ゲーム機はほとんど取り扱ってこなかった。中国当局は青少年への悪影響を懸念してスマホ向けなどネットゲームに対する規制を強めている。テンセントは家庭用のゲーム機やソフトで実績のある任天堂グループと連携することで、事業の幅を広げる狙いがあるとみられる。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン