/

84歳女性、7100万円詐取被害 福岡

福岡県警小倉北署は22日、北九州市小倉北区に住む無職の高齢女性(84)が今年2~3月に金融庁職員を名乗る男らから偽の裁判費用などの名目で計7100万円を詐取されたと発表した。同署は、詐欺事件として捜査している。

同署によると、今年1月下旬に女性宅に男から「個人情報が流出している」「福祉ボランティアが個人情報を消してくれる」と連絡があった。その後、金融庁職員を名乗る男が「ボランティアが逮捕された」「あなたが逮捕されないためには裏裁判の費用が必要」などと連絡してきたという。

女性は男らの指示に従い、2月中旬から3月下旬まで3回にわたり、計7100万円を男から指定された同市内の駐車場に置くなどした。女性は一人暮らしで、不審に思った親戚が7月15日に警察へ通報して発覚した。女性は「詐欺電話がかかってくるのが初めてで、信じてしまった」などと話しているという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン