ボッシュ、燃料電池車部品を量産 欧州で再評価
EVより航続距離長く

2019/7/22 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

走行時に水しか出さず「究極のエコカー」と呼ばれる燃料電池車(FCV)が欧州で再評価されている。自動車部品最大手の独ボッシュは年1億ユーロ(約120億円)を投じ主要部品の開発を始め、2022年に量産に入る計画を明らかにした。欧州自動車大手が注力する電気自動車(EV)に押され気味だったFCVだが、長い航続距離の優位性から参入や量産が続きコストが下がれば、世界での普及拡大につながる可能性がある。

FC…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]