2019年8月21日(水)

参院選 首都圏与党堅調、人手不足など経済政策充実に期待

2019/7/22 19:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

21日投開票の参院選は無党派層の多い首都圏の選挙区でも与党の堅調さが目立った。1都3県での自民、公明両党の得票率は約45%と大勝した2013年に比べて小幅減にとどまった。安定した政権基盤を保った安倍晋三内閣に対し、経済人や首長からは経済政策の充実などを望む声が上がる。一方で投票率は軒並み低下し、有権者の政治離れは一段と深刻だ。

「ワンツーフィニッシュではなかったが、2議席を確保でき、ホッとしてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。