空港バスと自動運転タクシー連携 日の丸など実験

2019/7/22 19:30
保存
共有
印刷
その他

タクシー大手の日の丸交通(東京・文京)や自動運転技術のZMP(同)、空港へのバスを運行する東京空港交通(東京・中央)など7社は22日、空港バスと自動運転タクシーを連携する実証実験を行うと発表した。訪日外国人(インバウンド)の増加などを念頭に、自動運転を組み合わせた次世代移動サービス「MaaS(マース)」の有効性を検証する。

11月に2週間の日程で実験を実施する。成田空港や羽田空港と東京都心部を結ぶバスが発着する東京シティエアターミナル(東京・中央)と、東京・丸の内との間(約3キロメートル)を自動運転タクシーで走行する。バスとタクシーはスマートフォンを使い一括で予約できるようにする。

実験ではZMPが開発したミニバン2台を使用する。自動運転システムやセンサーを搭載しており、車線変更や右左折、停車などの操作を自動でする。

この車両を日の丸交通と日本交通がタクシーとして運行する。運転自体はシステムが担うが、乗務員は同乗する。JTBも関連の旅行サービスを検討、販売する。

自動運転タクシーを既存の別の交通インフラと組み合わせて活用できることを実証し、観光客の効率的な輸送やドライバーの人手不足解消を目指す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]