/

この記事は会員限定です

広がる投信直販、独自商品で差別化 三井住友DSなど

[有料会員限定]

運用会社の間で自社のホームページを通じて投資信託を直接販売する動きが広がってきた。証券会社や銀行などの販売会社に頼った従来の手法だけでは販売が伸び悩むとの危機感がある。

三井住友DSアセットマネジメントは今年2月、投信の直販を強化するため、専用のアクティブ型投信を投入した。従来の直販はインデックス型投信やバランス型投信が対象だったが、ネット証券など既存の販売チャネルと差別化できずに残高が伸び悩んで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り415文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン