ブランド力向上、問われる手腕 群馬県知事に山本氏

2019/7/22 18:44
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

28年ぶりに新人同士の対決となった群馬県知事選は、山本一太氏に軍配が上がった。国会議員としての実績や、メディアへの露出などで高い知名度があったことが勝因と言えよう。公約集に「世界はまだ、群馬を知らない!!」と記した山本氏が強調したのが、トップセールスで群馬の魅力を発信していくことだ。

山本新知事がかじ取りをになう群馬県政の課題は何か。経済状況をみると、県内総生産は2016年度まで7年連続で増加。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]