[社説]もっと投票しやすい環境づくりが重要だ

2019/7/22 19:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院選の投票率が全国規模の国政選挙では24年ぶりに50%を割り込んだ。有権者の過半数が国政に背を向けた形である。なぜこんなにも投票に行かないのか。その理由をきちんと分析し、投票しやすい環境づくりを急ぐべきだ。

確定投票率は選挙区48.80%、比例代表48.79%だった。地方議会が住民投票条例を制定する際、投票率が半数に満たない場合、開票を見送るルールを設ける例が少なくない。半数割れは投票結果その…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]