ボルトン氏、有志連合で河野外相らと協議

イラン緊迫
2019/7/22 20:00
保存
共有
印刷
その他

会談前にボルトン米大統領補佐官(左)と握手する河野外相(7月22日、外務省)

会談前にボルトン米大統領補佐官(左)と握手する河野外相(7月22日、外務省)

日本を訪問しているボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は22日、河野太郎外相や岩屋毅防衛相らと相次いで会談した。イランや北朝鮮など地域情勢をめぐって意見交換した。日本側の説明によると、ホルムズ海峡を航行する民間船舶の安全確保をめざして米国が同盟国に協力を呼びかけている有志連合などを巡って協議した。

日本外務省によると、ボルトン氏は河野氏との会談で「地域や国際社会の様々な課題について日米で緊密に連携したい」と述べた。岩屋氏との会談では「2国間の同盟を強化するうえで非常に重要な局面を迎えている」と指摘した。日本側に有志連合への協力を要請した可能性がある。

ボルトン氏は岩屋氏との会談後、記者団に「日米同盟をどのような形で前に進めるか話した。協議は数日、数週間続くだろう。結果について楽観的だ」と強調した。岩屋氏は有志連合について「具体的な中身の説明はなかった」と述べ、「政府全体で対応について考えることになる」との認識を示した。「日米同盟の役割、分担について踏み込んだ議論をしていこうという話だった」とも語った。

河野氏とボルトン氏の会談では元徴用工訴訟などで悪化する日韓関係も議題になった。河野氏は日本の立場を説明した。北朝鮮への対応で韓国を含めた3カ国の連携を確認した。ボルトン氏は日本を訪問した後、韓国を訪れる予定だ。

ボルトン氏は河野、岩屋両氏との会談に先立ち、首相官邸で谷内正太郎国家安全保障局長とも会談した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]