2019年9月21日(土)

参院選「1票の格差」巡り一斉提訴 弁護士グループ

2019/7/22 17:54
保存
共有
印刷
その他

「1票の格差」を是正せずに実施した21日の参院選は憲法違反だとして、弁護士グループが22日、選挙無効を求めて全国14の高裁・高裁支部に一斉提訴した。

提訴後に記者会見する升永弁護士(中)ら(22日、東京都内)

東京高裁などに提訴した升永英俊弁護士のグループは、今回の参院選は人口比例に基づく定数配分をしておらず、人口比例選挙を求める憲法に違反しているなどと主張している。

今回の参院選では、定数増の改正公職選挙法が2018年に成立し、最大格差は16年参院選の3.08倍から3.00倍に縮小した。

16年の参院選では計16件の訴訟が起こされ、高裁段階の判断は「合憲」が6件、「違憲状態」が10件だった。最高裁は格差縮小のために合区が導入されたことなどを評価し、合憲との統一判断を示した。

1票の格差を巡っては、升永弁護士のグループのほか、山口邦明弁護士のグループも22日、広島高裁に提訴した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。