2019年9月23日(月)

発電タイヤ開発、空気圧監視に活用 自動運転安全に
住友ゴムと関大

2019/7/23 6:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友ゴム工業と関西大学は発電するタイヤを開発した。空気圧や路面状況などを監視するセンサーの電源に使えば、パンクといった不具合を防ぎやすくなる。自動運転の実現への課題とされる安全性の向上に、関西の産学連携の成果が貢献しそうだ。

関西大の谷弘詞教授の摩擦発電機を活用する。ゴムの中に特殊なフィルムと電極を挟み、衝撃が加わると電気が発生する。一般の靴に使うと、1歩歩く度に発光ダイオード(LED)10個以…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。