/

「天気の子」興行収入、3日で16億円 前作上回る

新海誠監督の新作で19日に封切られたアニメ映画「天気の子」の公開3日間の興行収入が約16億4千万円に達したと、東宝が22日発表した。

2016年に公開され、国内興収が歴代4位の250億円を記録した新海監督の前作「君の名は。」の公開3日間との対比で、約128%の好スタートとなった。

「天気の子」は公開3日間で約115万人を動員。週末の観客動員数でも全国1位となった。東宝によると、前作に比べ、観客の年齢層が広がっているという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン