消費者の心理と行動(4) 価格の「表記」と人々のとらえ方
駒沢大学教授 若山大樹

やさしい経済学
2019/7/23 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

スーパーやコンビニの多くは価格の「表記」で、総額(税込み)と本体価格(税抜き)を併記しています。ところで、食料品や日用品でこの表記方法が主流となったきっかけが、2014年4月の8%への消費増税だったことをご存じですか? 以下ではこの増税時前後の価格表記の実態と、人々の考え方の変遷について、消費者庁の調査結果をもとに説明します。

食料品の値札は14年3月から4月までの1か月間で、「総額のみ」の表記…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]