東京メトロ、観光情報を発信する特設スペース開設

2019/7/22 19:49
保存
共有
印刷
その他

東京地下鉄(東京メトロ)は、メトロ沿線地域の観光情報などを発信する特設スペースを開設した。「まちあいステーション」の名称で、東京メトロの駅構内に設け、観光客が沿線地域に訪れるきっかけづくりを狙う。

東京メトロが開設した「まちあいステーション」(イメージ)

東京メトロはまちあいステーションを東京メトロ上野、大手町の駅構内に、2020年1月まで設置する。ネスレ日本と連携し、上野駅では一部時間帯にコーヒーの無償提供も実施する。

特設スペースに、プロジェクターを設置し、沿線地域で行われるイベント情報やおすすめの観光ルートなどを動画で流す。詳細情報を地域情報サイト「aumo(アウモ)」内の特集ページでも公開する。台東区、日本橋室町など6エリアの観光情報を、1週間ごとに1エリアずつ入れ替えて発信する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]