/

この記事は会員限定です

AIで役所は無人窓口に? 人口減にデジタル化圧力

DIGITAL TREND

[有料会員限定]

人工知能(AI)・ロボットの進化により、公務員の仕事が消滅する! 奈良県の小紫雅史生駒市長が昨年10月に著した「『公務員の未来』予想図」はこんな一節から始まる。根拠となるのは野村総合研究所と英オックスフォード大が2015年にまとめた共同研究だ。「日本の労働人口の49%がAIなどで代替可能」と指摘した。その対象に地方公務員があがった。デジタルとAIの波は地方自治体の仕事をどう変えるのか。

「住民への窓口業務はやが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1651文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン