参院選で自公勝利 地方創生、見えぬ成果
編集委員 谷隆徳

参院選2019
コラム(地域)
地域総合
2019/7/22 15:50
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

与党の自民、公明の両党で改選過半数を確保した今回の参院選。年金問題や消費増税など様々な争点があったが、選挙戦は盛り上がりに欠けた。地方創生の今後のあり方についても目立った論戦がないまま終わった。

福島では特産品である桃の輸出、大阪では仁徳天皇陵などの世界遺産への登録と、まずご当地の話題にふれる。その後外交や憲法問題に話を広げ、「時代を後戻りさせるわけにはいかない」と政権の継続を訴える。安倍晋三首…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]