2019年9月16日(月)

凸版印刷、自治体窓口向け音声翻訳アプリ 無料で公開

2019/7/22 15:34
保存
共有
印刷
その他

凸版印刷は22日、自治体の窓口業務で外国人向けに使用できる音声翻訳アプリを希望する自治体に無料公開すると発表した。期間は同日から2020年1月31日まで。戸籍や国民健康保険など頻出する専門用語を登録。英語、中国語に加え、ベトナム語、ポルトガル語、インドネシア語など8言語に対応する。外国人の住民が増えるなか自治体の外国語対応を助ける。

凸版印刷とフィート(東京・新宿)が共同開発した音声翻訳アプリを利用した窓口業務の実証実験(神奈川県綾瀬市)

国立研究開発法人の情報通信研究機構(NICT)からの委託で、翻訳アプリを手がけるフィート(東京・新宿)と共同開発した。アプリは米アップルのタブレット端末「iPad」に対応。ボタンを押しながら話すと、画面上に翻訳されたテキストが表示される。

アプリに使う音声翻訳システムには機械学習を採用。使用すればするほど単語を蓄積し、文脈から単語の意味を推測する精度も上がる。2015年度から東京都板橋区や群馬県前橋市など全国9つの自治体で実証実験を進めた。「印鑑証明書」などの自治体特有の単語を蓄積してきた。

アプリの無料提供は100前後の自治体に対して実施する予定。自治体による実証利用で得られるデータを翻訳システムの研究に活用する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。