2019年9月22日(日)

サーモン、アジアで争奪戦 国際相場は10年で2倍

価格は語る
(1/2ページ)
2019/7/25 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

回転ずしで一番人気のネタ「生サーモン」の国際相場が上昇している。日本は9割以上をチリやノルウェーから輸入しているが、輸入価格は10年で2倍以上に上昇した。脂のとろりとした口溶けが、中国や東南アジアの人々の胃袋をつかみ、アジア圏で争奪戦となっている。今後も需要の伸びが見込めるとして、日本でも各地でサーモン養殖が盛んになっている。

■今やマグロより高いことも

サーモンを生で食べるようになったのは30年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。