/

ソニー、「着られるエアコン」開発 専用下着に装着

ソニーは22日、首元を冷やしたり温めたりするウエアラブル端末を発表した。電圧をかけると温度を上げ下げできる特殊な半導体を内蔵した端末で、専用の下着につけて肌と接触させることで、冷温を感じることができる。スーツの下でも目立ちにくく、ビジネスマンの利用を想定している。製品化に向け、インターネット上で小口資金を募る「クラウドファンディング」で資金を集める。

新たに開発した端末「REON POCKET(レオンポケット)」は板状の装置で、背中の首元にポケットのある専用下着につけて利用する。スマートフォン(スマホ)のアプリで冷温を切り替え、温度を5段階で調節できる。

冷やす場合は肌面の温度を約23度まで下げられる。一方、温める場合は約40度まで上げられる。温度を細かく上げ下げすることで、冷感や温感を長く感じられるようにした。低温やけどや体の冷やしすぎを防ぐため、30分間使うと自動で停止する。

端末の中には、電圧を変えると温度が変化する「ペルチェ素子」と呼ばれる半導体素子が入っている。ソニーがデジタルカメラなどで培った熱設計技術を生かした。

機器のサイズは幅約5センチ、長さ11センチ、厚さは約2センチメートルで重さは約85グラム。リチウムイオン電池を内蔵し、USB対応のケーブルで充電する。1回の充電で約1時間半使える。「衣服の見た目にほとんど影響がない」(スタートアップ・アクセラレーション部の伊藤陽一統括課長)といい、ビジネスマンの利用を見込む。

22日からクラウドファンディングで資金を集め始めた。価格は端末と専用の下着1枚のセットで、1万2760円(税込み)から。目標の6600万円に達すれば製品化する。未達の場合は返金する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン