2019年8月26日(月)

「大きな責任」決意の朝 九州・沖縄の参院選当選者

参院選2019
2019/7/22 12:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

参院選投開票から一夜明けた22日、九州・沖縄で激戦を制した当選者は改めて有権者の負託の重みをかみしめた。政権の安定を訴え当選した福岡の自民現職は「誠実に政策を進める」と強調。米軍普天間基地の辺野古移設反対を訴えた沖縄の無所属新人は「民意を国政に届ける」と誓いを新たにした。

福岡選挙区で2位に約18万票差をつけてトップ当選を果たした自民現職の松山政司氏(60)は22日午前、自身の当選を伝える新聞各…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。