/

この記事は会員限定です

世界もてなすホストタウン 合宿で交流、地元PR

[有料会員限定]

東京五輪開幕まで1年。参加各国・地域の代表チームの事前合宿を受け入れる国内各地の準備が加速してきた。施設改修など練習環境の整備はもちろん、地場産品をPRしたり、選手と住民の交流会を開いたり。五輪は地元を世界にアピールする好機と、独自の「おもてなし」に力を入れる。

石川県志賀町で今月8~17日、アゼルバイジャンの男子レスリングチームが強化合宿を行った。同町は1991年の国体で競技会場になったのを機に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1456文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン