スポーツ > ゴルフ > ニュース > 記事

ゴルフ

ローリー、「地元」で歓喜の初V 荒天も味方に

2019/7/22 8:59
保存
共有
印刷
その他

悪天候の気象予報で全体のスタート時間が当初予定より早められた。発表があった前日からローズは予言していた。「荒天になればなるほどローリーに有利だ。なぜなら彼はアイリッシュ」。英国イングランドの13年全米王者、16年リオ五輪金メダリストの言った通りの結末となった。

【ローリーがメジャー初優勝 全英オープン】

最終ラウンド、15番でバーディーパットを決め、ガッツポーズするシェーン・ローリー(ロイヤルポートラッシュGC)=共同

最終ラウンド、15番でバーディーパットを決め、ガッツポーズするシェーン・ローリー(ロイヤルポートラッシュGC)=共同

4打差で出た最終組のローリーとフリートウッドの一騎打ちは、最少3打差に縮まるのがやっと。目も開けていられないほどの雨交じりの強風が吹いた中盤に両者ボギーを出したが、14番でローリーはボギーにとどめ、フリートウッドはダブルボギーをたたいて勝敗は決した。

3年前の全米(オークモントCC)で2位に4打差の首位で迎えた最終日に76と崩れ、2位に敗れた。今回、コース改造後の新記録(63)で回った第3ラウンドの後、キャディーに笑って話したという。「(必ず聞かれる)オークモントの質問には答えないよ」

「あれは昔の話。ゴルファーとしては代わり映えしないけれど、人間としては成長した。明日はそれが役に立つ」。天の与えた試練に辛抱強く耐え、低い球を打ち続けた。スコアは1つ落としても2位との差は4から6へと広げる圧勝だ。

母国の英雄、ハリントンの全英初優勝はローリーが20歳の時。22歳でアマチュアでナショナルオープンを勝つと、10年の時を経て立派なあごひげをたくわえた大人となり、68年ぶりにアイルランド島に帰ってきた「ジ・オープン」を制した。この日はスタートから18番グリーンまで雨が降ろうが風が吹こうがローリーの行くところ「オーレオレ」の大合唱。アイルランドの国旗が誇らしげに揺れた。(串田孝義)

保存
共有
印刷
その他

ゴルフのコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

ゴルフ 一覧

 【オーロラ(カナダ)=共同】米女子ゴルフのCP女子オープンは24日、カナダ南東部オーロラのマグナGC(パー72)で第3ラウンドが行われ、畑岡奈紗は6バーディー、ボギーなしの66で回って通算12アンダ …続き (10:03)

第3ラウンド、7番で第3打を放つ松山英樹(24日、イーストレークGC)=共同

 【アトランタ=共同】米男子ゴルフの今季最終戦、ツアー選手権は24日、アトランタのイーストレークGC(パー70)で第3ラウンドが行われ、雷雲が近づいたため中断中にコース内に落雷し、そのままサスペンデッ …続き (9:09)

3打差で2位につけた堀川未来夢=共同

 単独トップで出た第3ラウンドで「居心地の悪さ」を感じたという石川だが、11番(パー4)、13番(パー5)とショットを2回池に入れてもパーセーブと崩れない。日本プロからのツアー2連勝を初日から首位を走 …続き (24日 20:50)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]