/

参院選、全当選者確定 N国が比例代表で議席獲得

(更新)

第25回参院選は22日朝、改選124議席の全当選者が確定した。政治団体「NHKから国民を守る党」が比例代表で1議席を初めて獲得した。選挙区と比例をあわせた獲得議席は自民が57となり、改選66を下回った。公明党は改選11を上回る14議席を得た。

比例代表で当選が決まり、笑顔でポーズをとる政治団体「NHKから国民を守る党」の立花孝志代表(22日午前、東京・赤坂)=共同

「NHKから国民を守る党」はお金を払った人だけが視聴できるスクランブル放送のNHKへの導入を掲げている。

最終的な獲得議席数は立憲民主党が改選9を上回る17、日本維新の会が改選7を上回る10だった。共産党は改選8を下回る7、国民民主党も改選8より少ない6だった。社民党は改選議席と同じ1、政治団体「れいわ新選組」は比例で2議席を獲得したが、代表の山本太郎氏は落選した。

当選者の決まっていなかった共産党の1議席は紙智子氏、日本維新の会の2議席は柴田巧、柳ケ瀬裕文両氏となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン