/

この記事は会員限定です

首相、改憲へ野党の協力不可欠に 3分の2確保が焦点

[有料会員限定]

参院で憲法改正に前向きな勢力が国会発議に必要な3分の2に届かず、安倍晋三首相は改憲論議に応じるよう野党に協力を呼びかけていくのが不可欠となった。野党内には改憲に前向きな議員がいるとみて、10月の召集を想定する臨時国会での議論に向け働きかけを強める。日本維新の会の松井一郎代表や国民民主党の玉木雄一郎代表は改憲論議に応じる考えを示した。

首相は参院選の争点の一つに「改憲論議を前に進めるかどうか」を挙げ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1070文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン