新人勝利、ベテラン敗北 自民2人擁立の広島

2019/7/22 1:17
保存
共有
印刷
その他

改選数2の「2人区」のうち、自民党が唯一公認候補を2人擁立した広島選挙区。元県議で新人の河井案里氏(45)が当選を決めた一方、6選を目指した自民現職、溝手顕正氏(76)は議席を守れず明暗が分かれた。

河井氏は当選が決まると支援者ら約100人の前に現れ「まさに草の根の選挙だった。皆様のおかげです」と頭を下げた。ただ「2議席獲得が自民党にとっての勝利で残念だ」と厳しい表情を見せ、予定していたバンザイ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]