憲法審で真っ正面から議論を 維新・松井代表

参院選2019
2019/7/21 23:46
保存
共有
印刷
その他

日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は21日夜の記者会見で、憲法改正論議を進めるために、自民党が指導力を発揮すべきだとの認識を示した。「自民党が圧倒的な数を持つ第1党だ。憲法審査会を開催すべきだ。反対の第1党がでてこなければ会議も開かないのはおかしすぎる」と述べた。「憲法審査会で真っ正面から議論をしていきたい」とも語った。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]