2019年9月21日(土)

れいわの議席獲得、既存野党への不信映す

参院選2019
2019/7/21 23:15 (2019/7/22 0:12更新)
保存
共有
印刷
その他

山本太郎氏が代表を務める「れいわ新選組」が比例代表で議席を獲得する見通しとなった。政党要件のない諸派が比例代表で議席を得るのは2001年の非拘束名簿式導入から初めてだ。

【関連記事】れいわ新選組、山本太郎氏が落選 比例代表

山本氏は21日夜のテレビ番組で「政治に何かしらの風穴をあける存在が必要だったのではないか」と述べた。主張は政府に批判的で、語り口は分かりやすい。消費税廃止や全国一律最低賃金1500円などだ。経済格差に不満を持つ有権者の共感を得た可能性がある。

政府・与党への批判層で、立憲民主党や国民民主党、共産党など既存野党の支持に回らなかった人がれいわ支持に動いたとみられる。旧民主党勢力への不満も残り、れいわの議席獲得は有権者の既存野党への不信感を映している。

候補者と選挙戦を振り返る山本太郎代表(右)=21日、東京都千代田区

候補者と選挙戦を振り返る山本太郎代表(右)=21日、東京都千代田区

無党派層にも支持は広がった。共同通信社の出口調査によると、「支持する政党はない」と答えた無党派層のうち比例代表で「れいわ新選組」に投票した人は9.9%。立憲民主党の20.6%には及ばないが、国民民主党の6.9%、公明党の6.8%を上回った。

【関連記事】
れいわ新選組、比例で2議席を獲得
N国が比例代表で議席獲得 各党の議席数が確定 参院選
[社説]大きな変化を望まなかった参院選

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。