福岡・自民松山氏「地方経済成長させる」

2019/7/21 21:52
保存
共有
印刷
その他

当選を決め万歳する松山政司氏(右)=21日夜、福岡市

当選を決め万歳する松山政司氏(右)=21日夜、福岡市

改選3議席を9人の候補が争った福岡選挙区で、4期連続の当選を決めた自民現職の松山政司氏(60)は21日夜、「自民党が政権を担って6年半、経済は順調に推移してきた。これからは地方経済をより成長させ、安定させなければならない」と勝利宣言した。

自民の県議や県選出国会議員をはじめ、約200人の支援者が詰めかけた福岡市内のホテルには投票終了からほどなく当確が伝わり、「おー」と大きな歓声が上がった。紺色のスーツに青のネクタイを身につけ、やや硬い表情で会場に入った松山氏は、万歳三唱の掛け声の中、支援者らに深々と頭を下げた。

支援者と握手する自民党の松山政司氏(右)=21日夜、福岡市

支援者と握手する自民党の松山政司氏(右)=21日夜、福岡市

松山氏は3期目に一億総活躍相に起用され、高い知名度と組織力を生かし選挙戦を有利に進めた。「政治の安定を維持させてほしいと訴え、受け入れられた結果だと思う」と振り返り、全世代型の社会保障制度の確立に取り組むと有権者に訴えた点を「非常に理解いただいた」と語った。

4月の福岡県知事選では候補者支援を巡って自民県連内が分裂し、参院選への影響を懸念する声もあった。これに対し松山氏は「県連会長に選対本部長を担ってもらい、非常に安定して充実した選挙活動ができた」と、知事選の"しこり"はなかったと強調した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]