長野は国民民主・羽田氏 自民候補を制す

2019/7/21 20:17
保存
共有
印刷
その他

長野選挙区(改選定数1)で国民民主党現職の羽田雄一郎元国交相が自民候補との事実上の一騎打ちを制し、5回目の当選を決めた。引退を表明した自民党参院の重鎮・吉田博美氏の後継として指名された同党新人、小松裕氏は及ばなかった。

同選挙区は2016年の参院選から改選定数が2から1に減った。それ以前は自民、非自民勢力が議席を分け合う構図が続いていた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]