世界から感謝や励まし、現場にあふれるメッセージ 京都アニメ放火

2019/7/22 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都アニメーションのスタジオ(京都市)で起きた放火殺人事件の現場付近には、国内外のファンからの手書きのメッセージが続々と寄せられている。「作品に救われた」「京都アニメとともにある」。日本語だけでなく、英語、中国語などで感謝や励ましを伝えるメッセージが多い。ヒット作を次々に送り出してきた「京アニ」。世界中の人々がそっと手を合わせ、作品に思いをはせた。

事件現場から歩いて1分ほどの道路脇に設営された…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]