/

期日前投票は1706万人で過去最多

(更新)

総務省は21日、参院選の期日前投票の投票者数が1706万2771人だったと発表した。前回2016年より約108万人増え、参院選では過去最多だった。投票所数が全国で約400カ所増えたことも押し上げた要因とみられる。

3日時点の有権者総数の16.01%が、20日までに投票を済ませたことになる。参院選の期日前投票者数は、導入した04年以降増え続けている。17年の衆院選で記録した約2138万人は下回った。

前回から最も伸び率の幅が大きかったのは高知で1.30倍。滋賀1.21倍、沖縄1.20倍の順だった。前回を下回ったのは青森、富山、石川、福井、長野、徳島、長崎、大分、鹿児島の9県で、最も下がったのは青森の0.90倍。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン