/

「ウイグルは空前の繁栄」中国政府が白書で反論

【北京=羽田野主】中国政府は21日、新疆ウイグル自治区は「史上最高の繁栄の時期を迎えている」と主張する白書を発表した。「社会は調和がとれ安定し、生活水準も改善が続いている」とした。100万人以上の少数民族ウイグル族が同地区で拘束され、欧米社会が「人権侵害だ」と批判していることに対し、白書を通じて反論した。

中国政府は今年3月にも白書を発表し、ウイグル族の拘束は「テロを予防するための職業訓練が目的だ」などと主張した。短い期間に2度も白書を出して反論するのは、習近平(シー・ジンピン)指導部が欧米社会の人権批判に警戒を強めていることの表れといえる。

今回の白書では「中国の内外に各民族の分裂を企てる勢力がいる」と述べ「新疆ウイグル自治区の独立を騒ぎ立てている」とした。そのうえで「新疆は中国の神聖で不可分の領土の一部分だ」と強調した。

ウイグル族の拘束問題を巡っては米国のペンス副大統領が18日の演説で「新疆ウイグル自治区で中国共産党は100万人以上のウイグル族を含むイスラム教徒を強制収容施設に投獄している」などと批判した。

日本と英国、フランスなど22カ国もウイグル族の拘束を問題視する書簡に連名で署名し、国連人権理事会に送付した。この動きに対抗する形でロシアや北朝鮮、サウジアラビアなど37カ国は中国のウイグル政策を支持する書簡をまとめ、対立が激化している。

中国政府系の英字紙チャイナ・デーリーは今回の白書の内容を速報し「複数の国や組織は新疆ウイグル自治区での取り組みを不公平に批判している」と指摘した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン