2019年8月19日(月)
スポーツ > 相撲 > ニュース > 記事

相撲

鶴竜、会心の相撲で7場所ぶり賜杯王手 白鵬は2敗

2019/7/20 23:45
保存
共有
印刷
その他

雨降って地は固まったのか。初顔の平幕にあっけなく屈してから一夜、鶴竜が目の覚めるような相撲を取った。

【白鵬2敗目、鶴竜1敗守る 名古屋場所14日目】

鶴竜(左)が寄り切りで御嶽海を下す=共同

鶴竜(左)が寄り切りで御嶽海を下す=共同

鋭い踏み込みで御嶽海ののど輪をものともしない。右を差すと左の上手もがっちり引いて、力強く寄り切った。過去6勝5敗の難敵を問題にしなかった。

前日は頭を下げすぎてはたかれた。「反省を生かしてしっかり見ていこうと。もう一度初日の気持ちでいった」と鶴竜。崩れ出すと踏ん張りがきかないことも多い横綱だが、今場所は負けを引きずらず、糧にした。

勝ち残りの土俵下で見守った結びの一番、白鵬が敗れて優勝争いは再び星の差ひとつに。場所前の稽古で腰を痛め、不安とともに臨んだ名古屋で7場所ぶりの賜杯が手の届くところにきた。

千秋楽の白鵬戦に向け「ここまできたら肩の力を抜いて集中するだけ」。過去の対戦成績は7勝41敗と大きく負け越しているが、八角理事長(元横綱北勝海)は「優勝したい気持ちは鶴竜の方が強いように思う。白鵬は2番取る気力があるかどうか」とみる。

この日の相撲をみる限り、気力でも優位は鶴竜。本割で決めそうな雰囲気だ。

(吉野浩一郎)

白鵬が寄り切りで琴奨菊に敗れる=共同

白鵬が寄り切りで琴奨菊に敗れる=共同

鶴竜が1敗を守った直後、白鵬が覇気なく2敗に後退した。過去56勝6敗と圧倒してきた琴奨菊にあっさりもろ差しを許すと、なすすべなく土俵を割った。

支度部屋で「立ち合いの当たりが弱かったのでは?」と聞かれた白鵬は「まぁ、そうだねぇ」。その後の展開についても「見ての通り」と言葉少な。語りようのない相撲ではあった。

土俵下の藤島審判長(元大関武双山)は「(重圧は)なかったでしょ。まだチャンスはあると思うけど、明日はどういう相撲を取るのかな」と話した。

保存
共有
印刷
その他

大相撲のコラム

電子版トップスポーツトップ

相撲 一覧

申し合いで汗を流す御嶽海=中央(3日、埼玉県所沢市)=共同

大相撲の夏巡業は3日、埼玉県所沢市で行われ、26歳の関脇御嶽海ら幕内上位力士が申し合いで汗を流した。 …続き (3日 16:54)

貴景勝=共同

 大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)で大関から関脇に転落する貴景勝について、師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)は31日、夏巡業を全休する見通しを示した。当面は不安を抱える右膝の治療とリハビリに専 …続き (31日 17:12)

 日本相撲協会は24日、名古屋市のドルフィンズアリーナで大相撲秋場所(9月8日初日・両国国技館)の番付編成会議を開き、近大出身の玉木改め朝玉勢(26)=本名玉木一嗣磨、三重県出身、高砂部屋=と魁勝(2 …続き (24日 10:51)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。