2019年8月26日(月)

サッカー

横浜M3連勝 10人でも攻めの姿勢失わず

2019/7/20 23:30
保存
共有
印刷
その他

先制ゴールで今季11点目を挙げたエジガルジュニオが54分に負傷交代した。その5分後にはCBチアゴマルチンスが決定機の阻止で一発退場。ほぼ同時に前と後ろで要の選手を失っても、今の横浜Mは負けない。

【20日のJ1 結果と戦評】

前半、ヘディングで競り合う神戸・山口(左)と横浜М・広瀬=共同

前半、ヘディングで競り合う神戸・山口(左)と横浜М・広瀬=共同

2連勝中の2位横浜Mと2連敗中の15位神戸。勢いと現時点での充実ぶりが、そのまま表れたような試合だった。GKからパスをつないで攻撃を組み立てる横浜Mに、神戸はプレスをかけるのだが、厳しさも連続性も乏しい。第1波をかわせば「スペースがあってフリーになれた」と三好。

その自信は10人に減っても揺らがなかった。防戦に追われるわけでも、苦し紛れの攻めを繰り出すわけでもない。仲川、遠藤、三好ら馬力のある攻撃陣がぐいぐいボールを前に運び、DF陣の背後を迷いなく突いた。PKで追加点のマルコスジュニオールも「1人少なくなっても、前に行く姿勢を大事にしようと声を掛け合っていた」と攻めの勝利を強調した。

3連勝で2位をキープした選手たちが、ポステコグルー監督も頼もしそう。「メンタルの強さがチームの成長につながっている」。3連敗の神戸は全失点にGK前川のミスが絡んだ。相手ゴールに迫るイニエスタのうまさと、自軍ゴール前の守備のもろさが同居。その対比は強烈だ。

来週、横浜Mはマンチェスター・シティー、神戸はFCバルセロナとの試合が組まれている。イニエスタは「今はそんな話をする時ではない」。旧友との再会より、チームの立て直しで頭はいっぱいのようだった。

(武智幸徳)

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

レアル・ソシエダード戦で、スタンドから戦況を見つめるマジョルカの久保建(25日、マジョルカ)=共同

 【ベローナ(イタリア)=共同】サッカーの海外各リーグは25日、各地で行われ、イタリア1部(セリエA)でボローニャの冨安健洋はベローナとの開幕戦に右サイドバックでフル出場した。試合は1―1で引き分けた …続き (10:49)

 【ポンフェラダ(スペイン)=共同】サッカーのスペイン2部リーグは25日、各地で行われ、サラゴサの香川真司はアウェーのポンフェラディナ戦に先発出場し、後半14分に移籍後の初ゴールを決めた。チームは1― …続き (10:29)

 サッカーのポルトガル1部リーグで25日、マリティモの前田大然がホームのトンデラ戦で1―2の後半30分に加入後初ゴールを決めた。初先発でフル出場したが、試合は2―3で敗れた。安西幸輝とGK権田修一のポ …続き (9:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。