2019年8月24日(土)

企業が大学教授を雇用 研究深め早期に成果

2019/7/20 18:54
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

世界的な開発競争が激しさを増すなか、企業が大学の知見を活用しようと連携を一段と深め始めた。ダイキン工業やアステラス製薬は今秋にも、教授や准教授らを大学に籍を残したまま雇用し、自社の研究に参加してもらう。互いが一つの目標に向けて協力し成果を出すことを目指す。

研究者が大学と企業の両方に籍を置く手法は相互雇用と呼ばれる。米国の製薬会社などでは2つ以上の企業が同じ教授などを雇用する共同雇用も認められて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。