2019年8月23日(金)

参院選 21日投開票 年金・憲法・消費税が争点

参院選2019
2019/7/21 0:01 (2019/7/21 18:24更新)
保存
共有
印刷
その他

参院選の投票所に向かう有権者ら(21日、東京都千代田区)

参院選の投票所に向かう有権者ら(21日、東京都千代田区)

第25回参院選は21日、投開票される。17日間にわたる選挙戦は年金や憲法改正、10月の消費税増税などが論点になった。2012年12月の発足から6年半以上続く安倍政権が再び信任されるかどうかが問われる。自民、公明両党に加え憲法改正に前向きな日本維新の会などを含む「改憲勢力」の議席数が非改選をあわせて全体の3分の2に届くかも焦点だ。

【関連記事】
・投票率、前回を4.53ポイント下回る 午後4時現在
・期日前投票は1706万人で過去最多

参院選は3年ごとに半数を改選する。今回の選挙では改選定数が埼玉選挙区で1、比例代表で2増えた。370人が立候補し、選挙区74、比例代表50の計124議席を争う。投票は一部地域を除いて21日午後8時に締め切り、即日開票する。

安倍晋三首相は自民党総裁として12年衆院選から17年衆院選まで大型国政選挙で5連勝してきた。総裁任期は21年9月までで、今回の選挙結果が今後の政権運営や憲法改正に向けた戦略に影響する可能性がある。公明党は政権与党として政治の安定を主張してきた。

立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党は全国32の改選定数1の1人区すべてで候補者を一本化し、獲得議席の積み上げを狙っている。日本維新の会は地盤の大阪府以外でも支持の拡大を目指している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。