米軍、サウジ駐留を再開へ 中東情勢、緊迫化も

イラン緊迫
2019/7/20 22:58
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ワシントン=中村亮、ドバイ=岐部秀光】米国防総省は19日、サウジアラビアの米軍駐留を再開すると発表した。米メディアによると、米軍がサウジに駐留するのはイラク戦争のあった2003年以来16年ぶり。米サウジ連合でイランをけん制する狙いがある。同日にはイラン革命防衛隊が英国の石油タンカーを拿捕(だほ)するなど、中東地域の緊張が一段と高まっている。

サウジも19日、米軍部隊の駐留を受け入れると表明した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]