/

この記事は会員限定です

22日から都心の混雑緩和で大規模実験 五輪見据え

[有料会員限定]

2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、東京都心部の混雑を緩和する大規模な実験が22日から始まる。官民が協力してラッシュ時間帯の出勤者を減らし、首都高などの道路規制も試行する。1年後の本番で選手や観客らがスムーズに移動できるよう、巨大都市を舞台に過去に例のない交通コントロールに挑む。

何も手を打たなければ悪夢のような光景が連日続きかねない。

平日午前8時台のJR総武線の車両内は、陸上競技会場の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1261文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン