/

この記事は会員限定です

[社説]形よりも実質へ企業統治の一段の改革を

[有料会員限定]

日本企業の価値を上げ続ける企業統治(コーポレート・ガバナンス)の改革は進んでいくだろうか。決してゴールはなく、常に検証を重ねながら、改革のレベルを上げていかねばならない。

世界の年金基金や資産運用会社で組織する「国際コーポレート・ガバナンス・ネットワーク(ICGN)」が今月、年次総会を東京で催した。総会の日本開催は18年ぶりであり、日本の改革に対する関心の高さを映している。

ただ、安倍晋三政権が成...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り746文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン