2019年8月19日(月)

台風5号、九州北部で大雨 一時大雨特別警報も

2019/7/20 16:27 (2019/7/20 21:15更新)
保存
共有
印刷
その他

台風5号は20日、黄海を北上した。西日本には台風の暖かく湿った空気が流れ込み大気の状態が不安定となり、九州北部を中心に大雨となった。

気象庁は同日午前、大雨特別警報を長崎県の五島市や対馬市などに発令した。5段階の大雨・洪水警戒レベルは5月29日の運用開始以来、初めて最も高い5とした。雨量が弱まったため、20日夕までに解除した。

20日午後8時20分までの24時間雨量の最大値は、長崎県五島市が399ミリを観測。新上五島町は374ミリで7月の観測史上1位を更新し、小値賀町は366ミリで観測史上1位となった。

避難指示対象者は五島市などで一時、計約3万9千人に上った。長崎県警などによると、新上五島町では自宅の雨漏りを修理中の女性2人が屋根から転落して負傷した。

台風5号は20日午後4時45分現在、黄海を北に時速15キロで進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカルで、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。風速15メートル以上の強風域は、中心から東側650キロ、西側280キロ。

21日午後6時までの24時間に予想される雨量は、多いところで、九州北部が180ミリ、九州南部と中国が150ミリ、四国が120ミリ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。