2019年8月20日(火)

プロ野球

西武・中村、通算400号は劇的サヨナラ弾

2019/7/19 23:20
保存
共有
印刷
その他

十一回1死無走者で打席に立った西武・中村は「はっきり言って、何も考えていなかった」。無心のスイングから放たれた打球が「打った瞬間」という当たりで左翼に飛び込んだ。

【西武・中村が通算400号 史上20人目】

サヨナラとなる通算400本塁打を放ち、記念のボードと花束を手に観客の声援に応える西武・中村=共同

サヨナラとなる通算400本塁打を放ち、記念のボードと花束を手に観客の声援に応える西武・中村=共同

他の打者なら、実はいろいろ思いを巡らして、というところだが、この打者だけは本当に無心らしく、その状態が一番怖い。本塁打王6度、球界を代表するスラッガーの本領で試合を決めた。

格好良すぎる節目の1本だったが、ここはまだまだ通過点。「もっともっと、あっという間に(400号を)打ちたかった」と、この時期でのシーズン15号は本意ではない。「もっとホームランを打てるように努力したい」と、プロ18年目でのさらなる飛躍を期した。

保存
共有
印刷
その他

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

4回から2番手で登板し、4勝目を挙げたソフトバンク・椎野(19日、京セラドーム)=共同

 【ソフトバンク2―1西武】ソフトバンクが接戦を制した。0―1の三回にグラシアルの犠飛で追い付き、四回2死三塁から暴投で勝ち越した。2番手で3回を無安打に封じた椎野が4勝目、森が26セーブ目を挙げた。 …続き (19日 21:09)

6回巨人無死一塁、打者小林のときに増田大が二盗。遊撃手木浪(18日、東京ドーム)=共同

 プロ3度目のスタメン出場だった巨人の増田大が、課題の打撃で猛アピールした。四回、左越えに先制の2点三塁打。安定した守備と俊足を買われた伏兵の一振りで、試合の主導権をがっちりと握った。
【18日のプロ野 …続き (18日 19:21)

8回ヤクルト2死二塁、代打荒木が右前に適時打を放つ(18日、神宮)=共同

【ヤクルト3―2中日】ヤクルトは三回にバレンティンの適時打などで2点を先行し、八回は代打荒木の適時打で1点を加えた。ブキャナンが8回無失点で3勝目。中日は八回まで散発4安打。九回にハフから4長短打で1 …続き (18日 21:13更新)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。