2019年8月19日(月)

必勝だるま、目入れ待つ
参院選ライブ

参院選2019
2019/7/20 12:27
保存
共有
印刷
その他

選挙では候補者が選挙事務所に「必勝だるま」を置いている。自分で買うほか、選挙事務所開きのお祝いとして贈られることもある。まず出陣式で一方の目を書き、当選したらもう一方の目を描く。

なぜ、だるまなのか。だるまのモデルはインドの僧だった「達磨大師」とされる。長い間座禅をして、両手両足が腐敗してなくなった。転んでも倒れず、縁起が良いとされる。縁起物の赤には、魔よけの効果などがあると言われる。

ある販売業者は当選者が目入れをする場合、墨汁ではなくマジックペンや筆ペンを使うことを勧める。墨汁だと、垂れて黒い涙のようになってしまうことがあるためだという。

衆参同日選の自民圧勝でだるまに目を入れる中曽根首相(左)と金丸自民党幹事長(右)=1986年、自民党本部で

衆参同日選の自民圧勝でだるまに目を入れる中曽根首相(左)と金丸自民党幹事長(右)=1986年、自民党本部で

一大産地は群馬県の高崎市。高崎出身の中曽根康弘首相(当時)は1986年、衆参同日選で自民党が圧勝し、金丸信幹事長(同)らが手に持っただるまに目を入れた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。