ウグイス嬢、日当は1万5千円以内
参院選ライブ

2019/7/20 9:56
保存
共有
印刷
その他

「〇〇〇を、〇〇〇を、よろしくお願いします」――。選挙カーでは運動員が候補者の名前を連呼する。

なぜ連呼なのか。公職選挙法141条の3の規定により、走行中の選挙カーからの演説はできないが、連呼をするのは認めているためだ。演説は動いている演説カーからはできず、街頭など立ち止まっている時などに限られる。

選挙カーから声掛けをする女性は「ウグイス嬢」と呼ばれる。ウグイスのように美声だからという意味で作られた言葉で、男性のときは「カラスボーイ」と呼ばれる。

ウグイス嬢や手話通訳者には1万5千円以内の日当が認められている。自動車の運転など有権者に直接働きかけを行わない事務員は1万円以内。ウグイス嬢の方が普通の事務員より限度額は高い。

ウグイス嬢に法定の限度額を超える現金を支払った場合は逮捕される。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]