2019年8月26日(月)

「民主」のみは無効票 参院選、総務省が有効例通達

参院選2019
2019/7/20 1:59
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

総務省は21日投開票の参院選に際して比例代表で有効投票となる例を全国の都道府県選挙管理委員会に示した。投票用紙には各政党などが届け出た党名か略称を書くのが原則としている。今回は党名に「民主」が入った4政党から候補者が出ており、「民主」とだけ書くと無効になる可能性が高い。

政党名や候補者名が正確に書かれていない投票用紙は、開票管理者が立会人の意見を聞いて投票の効力を判断する。総務省が示したのは事務…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。