2019年8月26日(月)

小田急多摩線延伸、相模原市などが段階整備案 課題も
News 潜望展望

2019/7/22 7:00
保存
共有
印刷
その他

東京都多摩市が終点の小田急多摩線を相模原市まで延伸させるため、相模原市などは段階整備案を新たに打ち出した。従来は市南部のJR相模線・上溝駅まで一気に開通させる計画だったが、多くの利用客が期待できる途中のJR横浜線・相模原駅までの先行開業に軸足を移した。実現重視からだが、開業予定の2033年には同市でも人口減少が見込まれ、延伸実現には課題も多い。

多摩線は多摩市の唐木田駅が終点だ。そこから上溝まで8.8キロメートル延伸するのが当初案だった。延伸すれば新宿駅までの所要時間が相模原駅からは12分、上溝からは22分それぞれ短縮できると相模原市は試算する。相模原駅では商業施設や企業の立地が進み、2万人が働き、市の人口は3千人増えるとみる。

延伸の最大の課題が採算性だ。国土交通省は建設事業者が借入金を返済し黒字化するまでの期間を30年以下としている。市は東京都町田市などと様々な試算をしたが、上溝まで一気に延伸すると基準をクリアできなかった。基準を満たす方策として、相模原駅までの先行開業が浮上した。

「なんとか延伸実現にこぎ着けたい」(交通政策課)という市にとり、黒字化まで40年以上かかる上溝に固執していては、延伸そのものが認められない可能性が高くなる。相模原駅までであれば、工事費も概算で上溝までの3分の2の870億円に抑えられる。

一方、上溝地域の住民からは、段階整備案に反対の声があがる。小田急多摩線延伸・上溝駅開設推進協議会の根岸利昌事務局長は「(上溝への延伸は)一体いつになるかわからない」と不満を漏らす。

運行を担う小田急電鉄は慎重な姿勢だ。市は相模原駅の利用者を1日4万人以上と試算する。同社は「少子高齢化で人口減が進む中で予想する輸送人員を確保できるかが大事だ」とする。

相模原駅の南口には商業施設があるが、北口は再開発が進んでいない(相模原市)

相模原駅の南口には商業施設があるが、北口は再開発が進んでいない(相模原市)

72万人超の相模原市の人口は19年をピークに減少に転じ、33年には70万人を切ると予測されている。人口減社会の中で、試算通りの利用者を確保できるかは不透明だ。33年とする先行開業も、地質の状況などで遅れる可能性もある。

市民の関心も決して高いとはいえない。相模原駅近くに住む居城務さんは「駅から離れると何もない場所で、このまま駅だけできても……」と漏らす。同駅北側に広がる米軍相模総合補給廠(しょう)の跡地利用も4月の統一地方選での市長交代もあり、開発計画はストップしたままだ。

段階整備案は国交省の開発基準をクリアするが、延伸が決まったわけではない。市も「これで絶対に延伸が実現するとは思っていない」(交通政策課)と気を引き締める。利用者の確保や計画通りに黒字化できるのかなど、実現には課題が多く残る。(浦崎唯美子)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。